ビジネスを教えていると、よくこういうことを言う方がいます。「コピーライティングをまだ勉強していないので、ブログ記事が書けません。」と。

 

確かに、コピーライティングスキルを身に付けることは重要です。ただ、”コピーライティングスキルを身に付けないと、記事が書けない”、というのは少し違うかな、と思うんです。だから今日は、少しコピーライティングについて、僕の意見を書いていきます。

 

コピーライティングとは?

簡単に言ってしまうと、「文章を書く技術」のことをコピーライティングと言います。

もちろん狭義の意味で捉えると、商品を広告・宣伝するための文章術をコピーライティングと言うんでしょうが、僕は、文章を書く技術はすべてコピーライティングと認識しています。

 

誰もが知っているキャッチコピーの例を挙げるとすると、糸井重里氏の作品でしょうか。下のキャッチコピーは、商品を売るためのコピーではないのですが、この一言に映画もののけ姫のすべてが詰まっていますよね…。キャッチコピーは、長い文章のものもあれば、このように短いものもあります。

生きろ。 -もののけ姫-

ちなみに、僕はジブリ作品が好きで、2015年の秋に愛知県で開催された、ジブリの大博覧会に行って来ました。色々と展示してあったのですが、その一部に糸井重里氏の直筆キャッチコピー案の展示もありました。コピーライティングに興味があったので、他の展示作品よりも、そこに釘付けになっていましたね 笑

 

コピーライティングは学ぶべきか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コピーライティングを学ぶべきかと問われれば、僕は当然、”はい”と言います。

 

ネットで情報発信する上で、コピーライティングのスキルを身に付けることは、必須だと僕は思います。まあ、当たり前のことですよね。ネットで情報を発信する手段として、文章がメインですからコピーライティングは身に付けるべきです。

 

最近、Youtubeなど、動画による情報伝達手段も流行っていますが、これもある意味、コピーライティングスキルが必要です。なぜなら、動画コンテンツ内でコピーライティングを使うこともあるだろうし、動画にユーザーを誘導するタイトルメイキングや説明文などでもコピーライティングスキルが必要となってきますしね。

そういう意味では、インターネットで情報発信をする上では、コピーライティングスキルを身に付けることから逃げられないでしょう。

 

ただ、コピーライティングスキルが無いからと言って、情報発信することをしり込みしてしまうのは、違うと思います。

誰だって、最初は、上手い文章を書けるはずありません。僕ですら、コピーライティングに関しては、一通り学んだつもりですが、上手い文章を書けているか不安です。自分の考えていることを文章にすることって、思ったより難しいんですよ。

 

特にブログ記事なんかは、コピーのことを気にせず、ガンガン書くべきです。むしろブログ記事を書きながら、ブログ記事でアウトプットしながら、文章を書くスキルを上昇させていく、くらいのイメージでいいんじゃないでしょうか。このほうが、書く文章量も増えて、確実に成長が早いと思います。書きながら成長する、この考え方を忘れないで下さい。

 

だから、コピーライティングスキルが無いからと言って、情報発信をためらう必要はありません。むしろ、ためらってしまうことで、せっかくの文章を上達させる機会を失ってしまうことになるので、”もったいない”と思います。だから、「あ、○○について記事を書いてみよう」と思ったら、すぐに文章化して、記事に起こす癖を付けることをオススメします。

そっちのほうが、サイトのコンテンツも増えて、SEO的にもベターですしね。

 

売れる文章を書くコツ

money01

 

ただし、売れる文章を書きたいなら、普段の情報発信のようにはいきません。”どうやったら商品が売れるのか”ということをしっかりと考えて、コピーライティングスキルを用いて文章を書く必要があります。

 

例えば、セールスレターを書く場合なんかですね。セールスレターを書くならば、コピーライティングを意識する必要があるでしょう。一流のコピーライターが書いたセールスレターと、何も考えずに書いたセールスレターでは、売上・成約率が10倍近く異なるなんてザラにあります。

 

このように、売れる文章を書きたいならコピーライティングスキルが必要あれば、売上は上がるわけです。しかし、セールスレターを書く上で、コピーライティングスキルが必須かと言われれば、僕の意見としては「NO」です。

確かに、セールスレターを書く上で、コピーライティングスキルがあれば、売上は上がるでしょう。これは当然のことです、あるに越したことはありません。ただセールスレターを書く上で大切なのは、”どう伝えるか”よりも”何を伝えるか”なのです。もっとわかりやすく言えば、文章の書き方よりも、文章の内容が重要なのです。

 

いかに上手い言い回しや、印象の強いキャッチコピーを書いたところで、文章の内容が見込み客にとって興味のないことだったら、本末転倒、そのセールスレターの売上は酷い結果になるでしょう。逆に、たとえ言い回しやキャッチコピーが単純でシンプルなものでも、その内容が見込み客にとって興味があり、心を動かすような内容だったら、商品は売れるのです。

結局、大事なのは文章の内容(中身)。

 

これを忘れて、文章を書くスキルばかりを追い求めている人が結構います。それでは、ただの自己満足になってしまうかもしれません。それよりも、何を書くか、何を見込み客に伝える必要があるのか、というところをメインに焦点を当ててみましょう。そちらのほうが、売上はほぼ確実上がります。

 

コピーライティングの最重要ポイント

もし、自分の文章技術に自信がないなら、「シンプルに分かりやすく書く」ということから意識してみましょう。

僕は、コピーライティングで最も大切なことが、この「シンプルに分かりやすく書く」ということだと思っています。これも相手の立場に立って考えてみると当然のことです。そもそも文章の内容が理解できないと、あなたの言っている内容が伝わらないのですから。

 

だから、初心者の方は「シンプルに分かりやすく書く」ということから意識してみてはどうでしょうか。これを意識しながら、情報発信を続けていると、自然と上手い文章が書けるようになっていますよ。でも、しつこいほど繰り返しますが、結局は文章の内容が大切ですからね。

 

今日はこの辺で。

 

PS.

この記事もコピーライティングのことを語っていながら、自分の思っていることを流れるように書いた記事です。つまり、コピーライティングのことなんて意識していません。

でも、ある程度読みやすいでしょう?笑 そうであることを願っています。

 

PR.期間限定で1480円の電子書籍を無料で読むことができます 

今までの僕の起業体験や失敗談、0からどうやって事業を構築したのかなどをまとめたものが電子書籍になりました。

見た目は少し難しそうな雰囲気ですが、20分程度で読めるように気軽に読めるような内容です(詳しくは下の本の画像クリック)。

 

読むと「不労所得の作り方」「個人でも大企業に優り、億という単位の収益を出す戦略のファーストステップ」「0から起業して1の収益を出す方法」「自己実現をするために何をしたらいいのか」「起業家に大切な7つの精神」などが分かります。

 

よりカンタンかつ具体的に理解できるようにストーリーを交えて綴っています。

 

学校では学べないような内容ばかりです。

 

ビジネスカテゴリーでAmazon電子書籍ランキング1位&2位同時獲得を記念して、1480円で販売中の書籍を今だけ0円で読むことができますので、気になったら読んでみてください。

お持ちのスマホやパソコンですぐに読むことができます。

 

詳しくはこちらをクリック(下の本の画像をクリックしても詳細を見ることができます)

   

この記事が役に立つ!面白い!と思われたならシェアをしていただけると喜びます。